私のエクセル2002一般の体験記

 私は業務でエクセルはそれなりに使用していましたが、自分のエクセルの技術が世間一般的にどのくらいなのかを知りたくなり、受験をすることにしました。

 まずは、マイクロソフトオフィススペシャリストの問題集の選択です。本を見ているだけではなかなか身につかないということは自分の性格上わかっていたので、PC上で動かすことができる、つまりCD-ROM付の問題集を探しました

 あまり大きな声では言えませんが、どの問題集でもほとんど変わらない、ということを知人に聞いたこともあり、Amazonで適当にCD-ROM付の参考書を購入。

 適当に購入と書きましたが、運がよかったのか、とても使える問題集でした。購入した本の付属のCD-ROMは、非常にユーザビリティに優れています。問題の途中でも解答をすぐ見ることができ、さらに問題をランダムに出題することもできます。実際にエクセルをいじりながら覚えたい方にはお勧めです。

 実際に自分のPCにインストールして、 解いてみました。9割以上得点することができました。
一般的なEXCELの技術は自然と身についていたことはわかりましたが、え?こんな便利な機能があったのか!!という項目が数個ありました。

 勉強期間は1週間程度で、さっそく受験を決意。

 次にマイクロソフトオフィススペシャリストの試験会場ですが、東京のオデッセイで受験することにしました。会場は大きなビルの地下1階にあり、同じ地下1階には食堂やら、喫煙所やら、なんでもそろっている感じです。

 実際の会場も、リラックスルームがあり、試験開始前までそこで勉強することができます。
→試験会場レビューはこちら

 そして試験開始です。問題集とほとんど変わらない問題ばかりです。見直しをしても時間が余りました。

 そして見事合格。

 簡単だったなぁというのが素直な感想です。

 ただし、簡単だったのはこのEXCEL2002一般だけだということは、次のEXCEL2002上級試験ですぐにわかりました。